人気ブログランキング |

でじたぁる風景写真館

flatcalm.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 20日

槍ヶ岳をこの目に焼きつけたい 10



c0150833_16544493.jpg


ここまでで今回の旅の目的をほぼ9割方達成したという満足感があり、これより先の行程をどう進めようかと朝食をとりながら思案することにしました。一番気になるのは今日、明日の天候のことでした。ネットからの情報は得られないので山小屋の人の意見を聞くと本日は午後からくずれるのではないかとのこと。窓から外の様子をうかがうと確かに昨日と比べてガスの発生が早く南の方角からせまってくるような印象を持ちました。このまま天気が悪くなってしまうのであれば上高地側に下りて駐車している中房温泉へは交通機関を利用して戻るとの案も頭をかすめました。しかしながらただ下るだけではやはりつまらないと思い当初の計画通りに東鎌尾根を戻ることにしました。まあ天気次第でヒュッテ西岳泊まりになるのか、うまくいって大天井まで足をのばせるかといった予定にしたわけです。そうと決まれば出発は早めのほうが良いとの判断で7時前には宿を出発しました。間近に見る槍ヶ岳ともこれでお別れです。

EOS 5D Mark II+EF16-35mm f/2.8L II USM

2009/08/05撮影
焦点距離 16.0mm  Tv  1/100秒  Av F13
ISO100  露出補正  -1/3  WB オート
ピクチャースタイル スタンダード







c0150833_1655079.jpg


昨日一生懸命登ってきた水俣乗越までの道をこの日は下っていくだけなので出足はさぞかし楽だろうと思っていました。ところが気温は高いうえに太陽の直射日光をもろに浴びた結果、想像していた以上の暑さで体力を消耗してしまいました。1時間ほど下ってきたところで日陰を見つけたので早くも休憩をとることにしました。

EOS 5D Mark II+EF16-35mm f/2.8L II USM

2009/08/05撮影
焦点距離 27.0mm  Tv  1/125秒  Av F13
ISO100  WB オート  ピクチャースタイル スタンダード







c0150833_1022370.jpg


前日はガスに隠されて見通しの利かなかった東鎌尾根の登山道ですがこの日は谷底まで丸見えでした。砂地で滑りそうな場所では少々ビビリながらの歩行となりました。

DMC-LX2

2009/08/05撮影
焦点距離 6.3mm(35mm換算28.0mm)
Tv  1/250秒  Av F5.6  ISO100
露出補正  -2/3  WB オート  クオリティ RAW 
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio 2.0 SE 
カラーモード 標準色  アスペクト比 3:2






c0150833_12582379.jpg


このような場所の先にハシゴや鎖場が待ち構えていたりします。一度通ってきた道なので多少慣れはありましたが頻繁には通いたくないところです。

DMC-LX2

2009/08/05撮影
焦点距離 6.3mm(35mm換算28.0mm)
Tv  1/320秒  Av F5.6  ISO100
露出補正  -1  WB オート  クオリティ RAW 
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio 2.0 SE 
カラーモード 標準色  アスペクト比 3:2







c0150833_16551572.jpg


たった今下りてきた木製の連続ハシゴを望遠で。直前には垂直に長く伸びている鉄製ハシゴがあって気合を入れながら登ってきました。このへんまで下りてくるとすでに槍ヶ岳や周りの山々は完全にガスの中に隠されてしまいました。前日までよりかなりガスの出る時間が早くいよいよ天候は悪くなるのかと心配になりました。ところがどいういうわけか不思議と歩いている場所には太陽光が降り注ぎまるでお日様を背中に背負っているような気分でした。西岳下の樹林帯に辿り着くまでは暑さとの戦いを強いられました。やはり真夏の直射日光はかなりきついです。

EOS 40D+18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM

2009/08/05撮影
焦点距離 125.0mm(35mm換算200.0mm)
Tv  1/800秒  Av F7.1  ISO200
露出補正  -1/3  WB オート
ピクチャースタイル 風景
高輝度側・階調優先 あり







c0150833_1362775.jpg


西岳到着後も一向に雨が降る様には思えませんでした。それならばということで先へ進むことにします。午後になって喜作新道を歩きはじめても天侯に変化はみられません。途中霧雲が発生して一時的に見通しが悪くなるようなことはあってもすぐに回復してしまいます。結局太陽はほとんど隠れることがなく雨にも降られずに大天井の宿に着いてしまいました。どうやら4日間でこの日が一番日焼けしたようでつくづく山の天気はわからないものだと思いました。

DMC-LX2

2009/08/05撮影
焦点距離 6.3mm(35mm換算28.0mm)
Tv  1/400秒  Av F7.1  ISO100
WB オート  クオリティ RAW 
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio 2.0 SE 
カラーモード 標準色  アスペクト比 3:2

by flatcalm | 2009-08-20 00:01 | 風景(山)


<< 槍ヶ岳をこの目に焼きつけたい ...      槍ヶ岳をこの目に焼きつけたい 9 >>