人気ブログランキング |

でじたぁる風景写真館

flatcalm.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

躍動への序章



c0150833_12225610.jpg




EOS 6D+SP 90mmF/2.8 Di MACRO1:1 VC

2013/07/10撮影
焦点距離 90.0mm  Tv 1/320秒  Av F8.0
ISO800  WB オート  ピクチャースタイル オート

by flatcalm | 2013-07-30 00:20 | 植物
2013年 07月 28日

あじさいのケロちゃん 3




c0150833_1311083.jpg





EOS 5D Mark II+SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1Model 272E+PRO300 2X DGX +三脚

2013/07/02撮影
焦点距離 180.0mm  Tv 1/250秒 Av F8.0
ISO100  WB オート  ピクチャースタイル スタンダード
トリミング加工 あり

by flatcalm | 2013-07-28 00:02 | 両生類
2013年 07月 27日

あじさいのケロちゃん 2



c0150833_1258582.jpg





EOS 5D Mark II+SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1Model 272E+PRO300 2X DGX +三脚

2013/07/02撮影
焦点距離 180.0mm  Tv 1/160秒  Av F8.0
ISO400  WB 色温度マニュアル設定  ピクチャースタイル スタンダード

by flatcalm | 2013-07-27 00:57 | 両生類
2013年 07月 26日

あじさいのケロちゃん



c0150833_12525680.jpg





EOS 5D Mark II+SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1Model 272E+PRO300 2X DGX +三脚

2013/07/02撮影
焦点距離 180.0mm  Tv 1/250秒  Av F8.0
ISO400  WB オート  ピクチャースタイル スタンダード

by flatcalm | 2013-07-26 00:52 | 両生類
2013年 07月 25日

タムVCマクロ セカンド・インプレ その3




c0150833_124132100.jpg





デザイン・重さ、そしてフードの使い心地と不満な点もありますが、やはり画質は好みなんですよね。ボケ味も見慣れてくれば自然に思えてくるし・・・。手振れ補正は純正ほど効きめは無いのでしょうけどVC無しタムキューで鍛えてきた(?)私には充分な性能です。むしろ今まで苦労してきた分有り難味が身に染みるというか・・・。どのみち手持ち撮影ではワンショットで押さえるなんて無謀な事はしていません。結局数打ちゃ当たる方式は継続です。ただし歩留まりの良さでショット数は激減しました。ということでお気に入りレンズの仲間入りをしたVCマクロ、チャンスがあれば夏山の高山植物を被写体にしてみたいなあ・・・なんて考えています。まあ、最終的には荷物の総重量との相談になるわけですが・・・。



EOS 6D+SP 90mmF/2.8 Di MACRO1:1 VC USD

2013/07/02撮影
焦点距離 90.0mm  Tv 1/160秒  Av F8.0
ISO1600  WB くもり  ピクチャースタイル オート
トリミング加工 あり

by flatcalm | 2013-07-25 00:39 | 両生類
2013年 07月 24日

タムVCマクロ セカンド・インプレ その2



c0150833_12351921.jpg





この日はお目当ての虫が少なく、その代わりにいつもは見かけないカエルがちらほらと・・・。余程居心地が良いのほとんどの個体は動かずじっとしてくれています。ということで、迷惑を顧みず格好の被写体にさせてもらいました。一応、接近しすぎて驚かすことがないようにフードは外してみたのですがね。そうそう、この付属のフードなんですが緩くて締りが悪かったんですね。単純にフードの加工精度の問題だとは思うのですが・・・。うっかり外れて紛失でもしたら困るのでレンズ側の溝にテーピングして僅かながらの厚みを持たせてみました。こうすることで引っ掛かりが良くなり脱落を回避しています。それにしてもレンズはMADE IN JAPANでもフードは違うのか・・・?それとも単なるハズレを引き当てただけなのか?




EOS 6D+SP 90mmF/2.8 Di MACRO1:1 VC USD

2013/07/02撮影
焦点距離 90.0mm  Tv 1/200秒  Av F8.0
ISO1600  WB くもり  ピクチャースタイル オート
トリミング加工 あり

by flatcalm | 2013-07-24 00:34 | 両生類
2013年 07月 23日

タムVCマクロ セカンド・インプレ その1



c0150833_1572589.jpg





今年は雨の日が少なくなんだか梅雨らしくないなあ・・・なんて思いながら過ごしていたら一ヶ月近く撮影をサボる事に・・・。うかうかしていると紫陽花が終わってしまうのでその前に虫撮をしておこうかと・・・。今更ながら早朝の暗い時間帯でも6Dなら躊躇無くISO感度を上げて撮影できるのが便利ですね。加えてレンズの手振れ補正のお陰で手持ち撮影はホントに楽になりました。ただし、AFを使っての操作感だとやはり6DではAFポイントの少なさが気になります。まあ、仮に上位モデルを使用したとしてもフルサイズ特有の真ん中に寄ったAFポイントの配置ではあまり変わらないのかもしれませんけどね。それを考慮するとAPS-C機のAF多点モデルが有利かとも思うし・・・。でもそうなると今度は高感度耐性が足をひっぱりそうだな・・・とか、この問題はいつも結論が出ないんですよね。




EOS 6D+SP 90mmF/2.8 Di MACRO1:1 VC USD

2013/07/02撮影
焦点距離 90.0mm  Tv 1/160秒  Av F8.0
ISO1600  露出補正-2/3  WB オート  
ピクチャースタイル オート

by flatcalm | 2013-07-23 00:39 | 昆虫
2013年 07月 21日

タムVCマクロ ファースト・インプレ その4



c0150833_22295667.jpg




光源ボケに関してもその傾向は272Eとほとんど変わりません。ただ、光学ファインダーを覗いているときにははっきりと『目玉ボケ』に見えていたので気になりましたが・・・。ところが現像時にその目玉は再現されなかったんですよね。撮像素子を通ると消えちゃうのかな・・・?以上、あまりにも簡単なインプレに終わってしまいましたがとりあえず写りに関しては十分納得させられたVCマクロでした。



EOS 6D+SP 90mmF/2.8 Di MACRO1:1 VC USD

2013/06/04撮影
焦点距離 90.0mm  Tv 1/500秒  Av F4.0
ISO400  露出補正 -2/3  WB 太陽光
ピクチャースタイル オート

by flatcalm | 2013-07-21 00:26 |
2013年 07月 20日

タムVCマクロ ファースト・インプレ その3

c0150833_2218422.jpg




まさかこのレンズでの最初となる虫撮がこんなチッコイ蝿?になるとは・・・。新型のAFは早いし静かですね。それにフルタイムMFというのも使い易いです。そもそも272EはAFを使おうという気になれない程にモーター音が盛大でしたからね。AF・MFの切り替えも面倒な仕掛けだったし・・・。新型VC付は操作性の面での改善が顕著に感じられますね。まあ、どちらかというとレンズよりボディのAFポイント数の少なさが気になってしまいました。特にAIサーボを使った動体撮影だと5D3、もしくは7D並みのAF性能が必要なのかもしれませんね。



EOS 6D+SP 90mmF/2.8 Di MACRO1:1 VC USD

2013/06/04撮影
焦点距離 90.0mm  Tv 1/500秒 Av F8.0
ISO400  露出補正 +1/3  WB 太陽光
ピクチャースタイル オート  トリミング加工 あり

by flatcalm | 2013-07-20 00:12 | 昆虫
2013年 07月 19日

タムVCマクロ ファース・トインプレ その2



c0150833_2243111.jpg




所謂、二線ボケは気になる要素のひとつなんですけどね。新型は解像感が高くなっているのでどうかなと思っていたのですが、実際はほとんど目立ちませんでした。272Eでも出る時は出ますからねえ。それを考えると解像感とボケ味を両立している新型は光学設計が相当優秀だと言えるのかもしれませんね。




EOS 6D+SP 90mmF/2.8 Di MACRO1:1 VC USD

2013/06/04撮影
焦点距離 90.0mm  Tv 1/500秒  Av F4.0
ISO400  露出補正 -1/3  WB 太陽光
ピクチャースタイル オート

by flatcalm | 2013-07-19 00:54 | 植物